公益社団法人 日本表面科学会

» English

News & Topics 詳細

【公募】日本表面真空学会 学会ロゴ、会誌名、表紙デザイン

2017-06-22

会員の皆様

日本表面科学会 会長の大門です。日頃、表面科学会へのご支援有難うござい
ます。心より感謝致します。2017-06-09のニュースでお知らせしましたとおり、
表面科学会と真空学会は合併することが正式に決まりました。
合併に伴い、2018年1月より会誌を統合いたします。

そこで学会ロゴ、会誌名、表紙デザイン、を両学会が合同で公募いたします。下
記の要領で、ご提案いただければ幸いです。 選考は表面科学会・真空学会が合
同で行い、選考結果は、表面科学会誌12月号などにおいて発表し、後日、感謝
状と記念品を贈らせていただく予定でおります。なお、表紙デザインの応募資格は
会員に限っておりません。お近くで、絵心のある方たちに、お声をかけていただけ
れば幸いです。

■学会ロゴの公募■
 (1)〆切り平成29年9月1日(金)
 (2)送り先:学会事務局(日本表面科学会 庶務 <shomu@sssj.org>)
 (3)応募資格:表面科学会・真空学会いずれかの会員
 (4)学会名は日本表面真空学会、略称はJVSSとなる予定です。
   (The Japan Society of Vacuum and Surface Science)
 (5)著作権を譲渡いただいた後、専門家によるアレンジの可能性もあることを
   ご了解ください。

■会誌名公募■
 (1)〆切り平成29年9月1日(金)
 (2)送り先:学会事務局(日本表面科学会 庶務 <shomu@sssj.org>)
 (3)応募資格:表面科学会・真空学会いずれかの会員
 (4)可能であれば、和名・英名双方の案をお願いいたします。
    どちらかを採択する可能性もございます。
 (5)現在の両学会の会誌名は、表面科学会誌は和名「表面科学」、英名 
   「Journal of The Surface Science Society of Japan」、真空学会誌は和名
   「真空」、英名「Journal of The Vacuum Society of Japan」となっています。
   ジャーナルとしての正式名称はそれぞれ、「表面科学」、
   「Journal of the Vacuum Society of Japan」ですが、通称として英名や
   和名も使っております。
 (6)同一の名称が提案され、当選者多数の場合は抽選とさせていただくことを
   ご了承ください。
   *その場合も感謝状は送らせていただきます。

■会誌表紙デザイン公募■
 (1)〆切り平成29年9月15日(金)
 (2)応募資格:どなたでも。会員でなくてもかまいません。
 (3)送り先:学会事務局(日本表面科学会 庶務 <shomu@sssj.org>)
 (4)デザイン提案の形式は問いません
         (pdf、パワーポイント他、内容が分かれば大丈夫です)
 (5)表紙はフルカラーです。
 (6)応用物理学会会誌(http://www.jsap.or.jp/ap/backnumber/index.html
   のように各号の掲載図を載せることも可能です。
   その場合、図の表示(場所・大きさ)をご提案下さい。
 (7)年ごとに色を変えて分かりやすくすることなども可能です。また、会誌名の
   フォントなどもご提案ください。
 (8)著作権を譲渡いただいた後、専門家によるアレンジの可能性もあることを
   ご了解ください。

■参考■
・学会名は日本表面真空学会(The Japan Society of Vacuum and Surface
 Science (JVSS)) となる予定です。

・2017年現在の両学会のロゴは、それぞれ下記のものが使われています。

 

・2017年までの、表面科学会誌、真空学会の表紙は、以下のものです。
・真空学会誌は、最近は同じデザインながら、毎年色が変わっています。

 

以上、多数の応募をお待ちしています。

日本表面科学会会長 大門寛
日本真空学会会長 荒川一郎

過去のサイトはこちら »

日本表面科学会事務局
〒113-0033 東京都文京区本郷2-40-13 本郷コーポレイション402 TEL:03-3812-0266 FAX:03-3812-2897 Email:

Copyright ©2011- The Surface Science Society of Japan