公益社団法人 日本表面科学会

» English

News & Topics 詳細

第35回表面科学学術講演会 講演奨励賞 受賞者決定のお知らせ

2016-03-14

第35回表面科学学術講演会 講演奨励賞 受賞者決定のお知らせ

 表記学術講演会では92件の講演奨励賞(若手研究者部門;15件、新進研究者部門;14件、スチューデント部門;63件)への申し込みをいただきました。いずれも劣らぬ質の高い内容の発表が多く、関係者一同喜んでおります。
 日本表面科学会講演奨励賞選定委員会の審査会議において厳正なる審査を行った結果、次の方々に講演奨励賞を贈呈することとなりました。
 平成28年の学術講演会(11月29日〜12月1日)においても同賞を設ける予定でいます。学術講演会で発表を予定している若手研究者および学生の皆さんには奮って応募してくださるようお願いいたします。
 贈呈式は、平成28年5月21日に開催される本学会通常総会の場で行います。

          記

講演奨励賞(若手研究者部門)受賞者および講演題目:

大塚洋一(大阪大学)   講演番号3Ha10Y
「走査型プローブエレクトロスプレーイオン化質量分析法を用いた、がん組織のラベルフリーイメージングの検討」

島田 透(弘前大学)   講演番号2Gp04Y
「表面増強赤外吸収における非共鳴型電磁場増強機構」

紅谷篤史(豊田中央研究所)   講演番号3Fa03Y
「Al2O3/NiAl(110)上サイズ選別PtクラスタにおけるCO酸化反応解析」

 

講演奨励賞(新進研究者部門)受賞者および講演題目:

大伴真名歩(NTT物性科学基礎研究所)   講演番号1Gp07R
「高配向ボトムアップ・グラフェンナノリボンのエッチングフリー転写」

清水 皇(デンソー)   講演番号2P07R
「放射光XPSおよび転換電子収量XAFSによるSUS表面不動態被膜の構造評価」

Ganesan Elumalai(物質・材料研究機構)   講演番号2P50R
「High efficient electrocatalysis for oxygen reduction reaction using boron nitride nanosheets I」

加籐 優(北海道大学)   講演番号3Ea03R
「カーボン担持銅二核錯体からなる酸素還元電極触媒のin situ XAFS観察」

 

講演奨励賞(スチューデント部門)受賞者および講演題目:

土師将裕(東京大学物性研究所)   講演番号2Hp05S
「スピン偏極STMを用いたW(110)上の2層Mn薄膜のらせん磁気構造のカイラリティの評価」

塩足亮隼(フリッツハーバー研究所、東京大学)   講演番号2P15S
「Au(111)上のグラフェンナノリボンの探針増強ラマン分光測定」

加籐史明(京都大学大学院)  講演番号1P39S
「アモルファス氷・結晶氷薄膜の熱脱離速度の同位体効果とその宇宙科学的意義」

神保裕喜(奈良先端科学技術大学院大学)   講演番号2P04S
「3次元逆格子空間におけるナノ結晶相・配向の探索アルゴリズムの開発」

木村太郎(山梨大学大学院)   講演番号2Ip04S
「燃料電池用イオン導電性高分子電解質膜の表面伝導性と電池性能との関係」

高島健悟(東京理科大学)   講演番号1Gp08S
「端欠損を含んだグラフェンナノリボンの電気伝導特性シミュレーションとデバイス設計」

伊藤 俊(東京大学物性研究所)   講演番号1Hp01S
「Bi薄膜の表面状態・量子井戸状態へのK吸着効果」

川本絵里奈(東北大学大学院)   講演番号3Fp08S
「水素終端Si(110)-(1×1)表面の平坦性と周期的エッチング過程」

中澤武夫(東京大学新領域)   講演番号1Hp03S
「円二色性を利用した2光子光電子分光によるAu(001)表面の鏡像状態に対するラシュバ効果の観察」

過去のサイトはこちら »

日本表面科学会事務局
〒113-0033 東京都文京区本郷2-40-13 本郷コーポレイション402 TEL:03-3812-0266 FAX:03-3812-2897 Email:

Copyright ©2011- The Surface Science Society of Japan