公益社団法人 日本表面科学会

» English

メーリングリスト

[ml_068] 表面科学技術研究会2018「ナノ粒子を取り巻く現状と今後の展望」

速報発信者;松本卓也(大阪大学、関西支部支部長)

 

日本表面科学会会員の皆様

表面科学技術研究会2018を下記の通り開催しますので、ご案内いたします。
皆様のご参加をお待ちしています。
-------------------------------------------
表面科学技術研究会2018
ナノ粒子を取り巻く現状と今後の展望
-ナノ粒子応用への期待とリスク-
http://www.sssj.org/Kansai/goudou18119.html
-------------------------------------------
内 容:
ナノ粒子は、”ナノ”時代を象徴する素材であり、バルクと異なる特有の物性を
発現することから、新たな素材、プロセス、機能が相次いで報告されています。
一方、カーボンナノチューブに暴露した動物で肺への悪影響が報告されるなど、
ナノ粒子の人体への影響を懸念する声により、厚生労働省や経済産業省を中心に
健康リスクについての調査が開始されています。
本研究会では、ナノ粒子の最新の研究動向を期待とリスクの両面で取り上げ、ナノ
粒子の今後の展望について、各分野でご活躍されている方々にご講演いただきます。
関連研究者・技術者の方をはじめ、多くの方々の参加をお待ちしております。

日 時:2018年1月19日(金)  13:00 〜 17:15
場 所:島津製作所 京都本社 (京都市)
定 員:150名
参加費:無料
テキスト:日本表面科学会会員及び表面技術協会会員には無料配布
     その他一般の方で希望される方には実費で頒布(2000円)

講演プログラム:
13:00-13:10 開会の挨拶     松本 卓也 (日本表面科学会 関西支部支部長)

13:10-14:00 ナノ粒子の光誘導集積技術の開発とバイオ分析・環境計測応用
                飯田琢也・床波志保(大阪府立大学)
14:05-14:55 新規な結晶構造を有する金属ナノ粒子の合成とその触媒特性
                草田 康平    (京都大学)
 (休憩)15:00-15:20
15:20-16:10 機能性ナノ粒子の合成・分散・構造化
                荻  崇     (広島大学)
16:15-17:05  ナノ粒子の毒性の考え方と安全性評価
                平野 靖史郎    (国立環境研究所)

17:05-17:15 閉会の挨拶  杉村 博之 (表面技術協会 関西支部支部長)

申込先(問い合わせ先):日本表面科学会関西支部幹事 表 篤志
  パナソニック(株) 先端研究本部
        〒619-0237 京都府相楽郡精華町光台3-4
        Tel: 0774-98-2538  FAX: 0774-98-2585
        E-mail: omote.atsushi@jp.panasonic.com
申し込み締切り: 2018年1月18日(木)
ONLINE申込み: http://www.sssj.org/Kansai/goudou18119.html
会場案内:株式会社島津製作所 京都本社
           〒604-8511 京都市中京区西ノ京桑原町1
アクセスマップ  
http://www.shimadzu.co.jp/aboutus/company/access/sanjo.html

過去のサイトはこちら »

日本表面科学会事務局
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル5階 TEL:03-3812-0266 FAX:03-3812-2897 Email:

Copyright ©2011- The Surface Science Society of Japan