公益社団法人 日本表面科学会

» English

第91回表面科学研究会 平成29年度中部表面科学シンポジウム 「機能性薄膜の最近の動向」

主催

日本表面科学会

開催日

2018年1月20日(土)13:00-17:55

締切日

2018年01月13日

会場

名古屋工業大学2号館 0221講義室(正門から正面に見える建物です)

〒466-8555 名古屋市昭和区御器所町

JR 中央線「鶴舞」駅または地下鉄車 中央線 徒歩 8分

 

プログラム

表面科学およびその分析技術の発展はめざましく、学術的基礎研究にとどまらず、産業界における研究開発や品質評価などで欠くことのできないものとなっている。現在、次世代デバイスの素材探索研究が活発に行われており、新素材の性能評価や実用化に関する研究において表面科学分析手法は大変重要な役割を担っている。触媒研究においても表面科学はなくてはならないものであり、メカニズム解明に向けた研究が盛んに行われている。本シンポジウムでは、次世代実用化材料に向けた機能性薄膜の最新動向として、その基礎から応用にわたって第一線でご活躍中の講師の方々にご講演いただきます。皆さまのご参加をお待ちしています。

 

13:30-13:35 開会あいさつ 堀尾 吉已(中部支部長)

13:35-14:35 「ポストグラフェン材料とそのヘテロ構造の形成及び電子状態解析」

 高村(山田)由起子(北陸先端科学技術大学院大学 マテリアルサイエンス系)

14:35-15:35 「酸化物上の白金クラスタの構造転移と触媒特性」

 渡邊 佳英(豊田中央研究所 戦略研究部門)

15:35-15:50 休憩

15:50-16:50 「次世代パワーデバイス用半導体の転位・積層欠陥検出」

 石川 由加里((一財)ファインセラミックセンター 機能性材料G)

16:50-17:50 「フラッシュメモリの生産技術の事例紹介と今後」

 赤堀 浩史(東芝メモリ株式会社 四日市工場 第二生産技術部)

17:50-17:55 閉会あいさつ 市村 正也(中部支部副支部長)

詳細はこちら

 

参加定員

60名

費用

参加費(テキスト代含む、消費税含む、当日会場にて受付)

会員(協賛・後援学会員を含む)2000円、学生1000円、一般4000円

閉会後の懇親会参加費4000円(参加希望者は講演参加申込時にご連絡ください)

申込方法

 
オンライン申し込み
(1) 氏  名      
(2) 氏名ふりがな  
(3) 連絡先(自宅または勤務先いずれかをチェック)    自宅     勤務先
   勤務先名(部署名等も)または学校名(学科名等も) 
   連絡先住所(〒付記)   
   連絡先TEL/FAX     
   連絡先E-mailアドレス 
(4) 参加区分(下記参加区分のいずれかをチェック)
        参加区分    : 参加費
     日本表面科学会会員:2,000円
     協賛・後援学会会員:2,000円
         所属学会名を記入
     学生:1,000円
     一般:4,000円
(5) 懇親会(参加費4,000円、参加の有無をチェック)  参加  不参加
必要事項を書込みましたら送信ボタンをクリックして下さい。
「確認画面」もしくは「必須項目の記入もれ画面」になります。
修正の場合はブラウザの戻るボタンで戻り、修正して下さい。
受信の画面が出れば受付完了です。
 


(尚、電子メール、FAXでのお申し込みも可能です。その場合、以下の情報をご記入の上、事務局宛にお申し込み下さい。)
(1) 「第91回表面科学研究会申込」
(2) 氏 名(ふりがなをつけて下さい。)
(3) 勤務先         所属
(4) 連絡先住所(〒付記) TEL/E-mail
(5) 参加区分(上記の参加区分、所属学会等を記入)
(6) 懇親会(参加費4,000円、参加の有無を記入)
*お申込みに際しご記載いただきましたメールアドレスは、日本表面科学会が主催する本件以外のセミナー・講演会などのご案内にも使用させていただく場合がございます。ご案内が不要な方はお手数ですがその旨お申し出下さい。

協賛

【協賛・後援】
応用物理学会東海支部、日本真空学会東海支部、日本物理学会名古屋支部、応用物理学会薄膜・表面物理分科会(依頼中を含む)

備考

【問い合わせ先】

平井信充 鈴鹿高等工業専門学校

e-mail: hirai@chem.suzuka-ct.ac.jp

過去のサイトはこちら »

日本表面科学会事務局
〒113-0033 東京都文京区本郷2-40-13 本郷コーポレイション402 TEL:03-3812-0266 FAX:03-3812-2897 Email:

Copyright ©2011- The Surface Science Society of Japan