公益社団法人 日本表面科学会

» English

実用顕微評価技術セミナー2017

主催

日本表面科学会 関東支部

共催

日本表面科学会 産業連携委員会・企画委員会

開催日

2017年6月16日(金) 10:00〜17:30(予定)

締切日

2017年06月16日

会場

東京大学 小柴ホール(東大本郷キャンパス・理学部1号館内)

本郷三丁目駅(地下鉄丸の内線)徒歩8分

本郷三丁目駅(地下鉄大江戸線)徒歩6分

湯島駅又は根津駅(地下鉄千代田線)徒歩8分

東大前駅(地下鉄南北線)徒歩1分

春日駅(地下鉄三田線)徒歩10分

http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_00_25_j.html

プログラム

本セミナーは、顕微評価技術の展開と促進を図り、産業界に貢献することを目的に毎年開催しています。顕微鏡メーカーや分析機関の口頭発表とポスター展示にて、活発な意見交換の場を提供致します。また、岡田康志先生をお招きし特別講演を頂きます。皆様のご来場をお待ちしております。

プログラム

時間 企業・機関名 発表タイトル 発表者
10:00-11:40 オックスフォード・インストゥルメンツ(株) 毎秒10 フレームの超高速イメージング能力と高い操作性・多機能性を兼ね備えたCypher VRS AFM の紹介 出口 匡
(株)日本サーマル・コンサルティング AFM-IRの開発現状と応用 小林華栄
(株)日立ハイテクノロジーズ SEM-AFM相関解析手法(SÆMic.)によるソリューション 水口勝利
(株)ユニソク 超高真空、低温の優位性を活かしたSPM実用例 小澤太健展
シエンタ オミクロン(株) 超高真空SPM 新製品のご紹介 富塚 仁
パーク・システムズ・ジャパン(株) AFMにおける真のノンコンタクト計測技術と初心者でも高精度AFM計測を可能とする新型オペレーションソフトウエアの紹介 出口大介
(株)島津製作所 高分解能走査型プローブ顕微鏡 HR-SPM による固液界面観察 新井 浩

11:40-13:00

ポスターセッション・展示昼食休憩
13:00-14:00 特別講演「共焦点光学系を利用した超解像顕微鏡の原理と実装」
岡田 康志先生(東京大学大学院 理学系研究科)
14:00-14:15 休憩
14:15-16:00 アメテック(株) イオン顕微鏡NanoSIMS50Lによる高感度元素分析事例 石川真起志
日本電子(株) 観たい領域をピンポイントでSEM 観察〜OM・SEM リンクシステムの紹介〜 鈴木克之
(株)コベルコ科研 走査電子顕微鏡(SEM)を用いた微細組織の結晶方位解析(SEM-TKD法) 徳谷恭子
物質・材料研究機構 高輝度・高スピン偏極低エネルギー電子顕微鏡による実時間磁区観察 鈴木雅彦
レニショー(株) 曲面・粗面の顕微ラマンイメージングが切り拓く材料評価の応用事例 三澤真弓
(株)テックサイエンス IR光誘起力顕微鏡 【PiFM】 を用いたナノケミカルイメージング 小野寺毅師
(株)ニコンインステック 光干渉法による0.1nm級超平滑面の表面性状測定について 西川 孝
(株)東陽テクニカ 元素分析の新提案〜イメージングXRF〜 岩田敏一
16:00-17:30 ポスターセッション・展示

*ショートプレゼンテーションは10分/件を予定しています。

チラシはこちらから

 

参加定員

100名

費用

無料

申込方法

終了しました

協賛

日本物理学会、日本分析化学会、日本分光学会、日本質量分析学会、高分子学会、日本金属学会、日本顕微鏡学会、電気化学会、日本真空学会、日本材料科学会、表面技術協会、日本分析機器工業会、日本放射光学会、日本鉄鋼協会、軽金属学会、化学工学会、日本真空工業会、近畿化学協会

備考

問合せ先

粉川 良平 (㈱島津製作所)
E-mail: kokawa@shimadzu.co.jp

過去のサイトはこちら »

日本表面科学会事務局
〒113-0033 東京都文京区本郷2-40-13 本郷コーポレイション402 TEL:03-3812-0266 FAX:03-3812-2897 Email:

Copyright ©2011- The Surface Science Society of Japan