公益社団法人 日本表面科学会

» English

表面科学セミナー2017 物質・材料開発の新潮流 -マテリアルズ・インフォマティクスの最前線- 【申し込み再開と会場変更しました】

協力企業

主催

公益社団法人 日本表面科学会

共催

日本表面科学会データ駆動表面科学研究部会

開催日

2017年2月9日 〜 2月10日

締切日

2017年01月31日

会場

【申し込み再開と会場変更のお知らせ】
ご好評につき定員に達したため、申し込みを一度締め切らせて頂きましたが、
多くの皆さまからのご要望を受け、会場を以下の通り変更して申し込みを再開いたします。
申し込みができなかった皆様には、ご迷惑をお掛けしましたこお詫びを申し上げます。
改めてHPより申し込み頂きますようお願い申し上げます。
(変更前会場)森戸記念館 第1会議室 → (変更後会場)森戸記念館 第1,2フォーラム
※画面で講義を聴講することは可能ですが、質疑応答は不可となっております。

-----------------------------------------------------------------------

森戸記念館 第1 , 2フォーラム

〒162-8601 東京都新宿区神楽坂4-2-2
JR、地下鉄有楽町線、東西線、南北線、大江戸線 飯田橋駅下車 徒歩10分
大江戸線 牛込神楽坂駅下車 徒歩5分
http://www.tus.ac.jp/info/access/gmap/kag_gmap.html

プログラム

ゲノムや創薬におけるインフォマティクスの活躍には目覚ましいものがありますが、これを材料開発へ適用する「マテリアルズ・インフォマティクス」が新たな潮流として脚光を浴びつつあります。マテリアルズ・インフォマティクスは、ビックデータの中から本質的な法則や機能を抽出する「データ駆動科学」において中心的な役割を担うとともに、計算科学や実験、分析の効率化により、R&Dの確実性向上、コスト削減、期間の短縮を実現する手法として注目され、近年では機械学習やAIなどの進歩により更なるポテンシャルの向上が期待されています。日本表面科学会でも「データ駆動表面科学研究部会」を発足、マテリアルズ・インフォマティクスを用いた材料設計や表面・界面制御等も視野に活動を開始しました。
本セミナーでは、材料の研究・開発や、表面科学の研究に従事される方を対象に、マテリアルズ・インフォマティクスとは何か、どのように研究や開発に活用されているのか、広く学んで理解頂くため、マテリアルズ・インフォマティクスの現状や活用事例、課題、将来展望などについて様々な材料開発や表面科学の具体的事例を取り上げながら解説します。

月日 時間 講義題目 講師
2月9日(木) 9:30〜9:40 開会挨拶  
9:40〜10:40 マテリアルズ・インフォマティクスの現状と展望 寺倉清之(物質・材料研究機構)
10:50〜12:20 AI for Scienceとデータ駆動科学 岡田真人(東京大学)
13:30〜14:40 機械学習による物質探索と材料開発 吉田亮(統計数理研究所)
14:50〜15:50 マテリアルズ・インフォマティクスと分析、計算化学による界面構造・格子欠陥の解析 溝口照康(東京大学)
16:00〜17:00 新規情報デバイス開発に向けた基礎研究におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用 渡邉聡(東京大学)
2月10日(金) 9:00〜10:10 表面分析とマテリアルズ・インフォマティクス 藤田大介(物質・材料研究機構)
10:20〜11:20 マテリアルズ・インフォマティクスによる生体材料表面設計 林智広 (東京工業大学)
11:30〜12:50 第一原理計算とマテリアルズ・インフォマティクスによる材料設計 田中功(京都大学)
14:00〜15:10 マテリアルズ・インフォマティクスによる蓄電材料開発 中山将伸(名古屋工業大学)
15:20〜16:50 3次元構造情報とマテリアルズ・インフォマティクス 〜金属材料を中心に〜 足立吉隆(鹿児島大学)
16:50〜17:00 データ駆動表面科学研究部会について 山本貴博(東京理科大学)

詳細はこちら

参加定員

60名(定員に達し次第〆切ります)

費用

表面科学会正会員 20,000円
表面科学会維持会員 20,000円
表面科学会賛助会員 25,000円
表面科学会学生会員 5,000円
共催・協賛学会会員 30,000円
学生(非会員) 10,000円
その他 35,000円

(テキスト代,消費税を含む)

申込方法

終了しました

支払方法

(1)申し込みを受け付け次第、振込用紙をお送りします。   
     受講者一名につき必ず一枚の振込用紙をご使用下さい。
(2)振込用紙の半券をもって領収書に替えさせていただきます。
(3)勝手ながら受講料の払い戻しは行いません。
     ご都合の悪くなった場合には、代理の方の受講をお願いします。

協賛

日本物理学会,応用物理学会,日本トライボロジー学会,日本金属学会,電子情報通信学会,日本顕微鏡学会, 電気化学会, 表面技術協会, 粉体工学会, 日本材料学会, 電気学会,日本材料科学会, 日本機械学会,日本真空学会,高分子学会,日本油化学会,日本分析化学会,軽金属学会,化学工学会,日本質量分析学会,粉体粉末冶金協会,日本分光学会

過去のサイトはこちら »

日本表面科学会事務局
〒113-0033 東京都文京区本郷2-40-13 本郷コーポレイション402 TEL:03-3812-0266 FAX:03-3812-2897 Email:

Copyright ©2011- The Surface Science Society of Japan